遂に購入できました!任天堂Switchのレビューと感想

社会人になってからゲームをしなくなったのですが、任天堂Switchはどうしてもやってみたく。たまたま有楽町のビックカメラで緊急入荷しており、衝動買いしてしまいました!念願のニンテンドースイッチを使ってみたレビューと感想をお届けします。

遂に購入できました!任天堂Switchのレビューと感想

任天堂Switchへの期待

スマートフォンの台頭により、余暇時間はゲーム機からスマホにシフトしてきました。そんな時代の新たな一手として登場したのが、「Nintendo Switch」です。据置機でもあって、携帯機でもあるという、画期的な端末です。

なので、ざっくり言うと、

「TVゲームのクオリティが携帯機でも楽しめそう!」

という期待がありました。

東京の家電量販店でも入荷が

たまたま通りかかった有楽町のビックカメラで購入できました。有楽町だからか、午前中だったからかはわかりませんが、大行列ができるわけではなくという感じでした。

整理券を一応配っていたのですが、500枚ぐらい?あったのでそろそろ東京でもスイッチは手に入りやすくなるかもしれません。

ついにスイッチを手に入れました

購入したのはグレーカラーのスイッチです。

久しぶりにわくわくしながらの開封です。

取扱説明書がなく、箱の側面に初回設定の方法が書いてあります。

初回設定の方法にそってアダプタを挿すと、Switchが起動してJoyコンを指して下さいと。

Joyコンを指す演出も素晴らしく、カチャ、カチャ、シャキーンみたいな感じ出Switchのロゴと赤い背景の画面が出てきます。

テレビに接続するためのドックもかっこよくて、シンプルなのですがガジェット心をくすぐります。

任天堂スイッチに入っているもの

箱を開けるとたくさん入っていました

  1. Nintendo Switch本体
  2. Joy-Con(L)
  3. Joy-Con(R)
  4. Nintendo Switchドック
  5. Joy-Conグリップ
  6. Nintendo Switch ACアダプター
  7. Joy-Conストラップ
  8. ハイスピードHDMIケーブル
  9. セーフティーガード

任天堂Switchのレビューと感想

Switchの後ろはこんな感じです

上部には、電源や音量調整ボタン、ソフトを入れる部分があります

テレビに接続するためのSwitchドックの裏は、開くようになっています
HDMIケーブルとACアダプターをすっきり配線することができます

Switchの重さと大きさ

本体端末とJoyコンを合計すると、重さは398g
今までの携帯ゲーム機より、大きいので手の位置が少し不思議な感覚がします(すぐ慣れるのですが)
寝転がってやっていますが、あまり疲れないぐらいな感じです。

グラフィックス

最初はテレビでプレイしてその後、Switch本体の画面でプレイしました。
テレビと比べて画面が小さくなるので若干プレイの感覚は変わるのですが、Switchの本体画面でも予想以上の快適さとキレイさに驚きました。

購入したソフト

スプラトゥーン2とスーパーマリオオデッセイを購入しました。

スプラトゥーンははじめてプレイだったので、めっちゃ下手くそでボコボコにされます。視点変えるの結構難しくて、なかなか慣れません。(対戦のマッチングアルゴリズムどうなってるんだろ?割りと雑な気がします・・)

全体的な感想

ハードウェアの細部までとことん作り込まれているなと思いました。本体にJoy-Conをカチャッとつけるところがすごい気に入りました。しばらくの間、スイッチにはまってしまいそうです。(記事を書く時間が・・)

オデッセイをクリアしたら、待望の「ゼル伝」を購入予定です。


もしよければ応援クリックお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ